エントリー

career はたらくこと

私がスキナにいる理由(17新卒入社:守屋和佳奈)

― スキナに入社した経緯と理由は?


もともと私は「仕事内容」が第一優先でした

私がスキナに入社を決めた理由は「人」です。私は中学生の時からウェディングプランナーになりたいと思っていたので、高校生の時には「ブライダルの専門学校に進学する!」と決めていて実際に専門学校に入学して2年間東京の専門学校に通っていました。

そして就職活動では「プランナーになりたい」という気持ちを中心に置いて、「この会社ならこういうことができる」「こんなことに挑戦できる」と会社の事業や職種、仕事内容を重要視しながら会社を見ていました。

その頃は「一緒に働くなら、どんな人たちがいるのかも見ておいた方がいいよね。」ぐらいにしか思っておらず、第一には仕事内容で、その次に環境という優先順位でした。

そんな中でスキナの説明会に参加した時、衝撃を受けました。それは、今まで行ってきた他の会社説明会とは違い社員のことばかり話をしていたからです。すぐに「ここは、人が自慢なんだな。」と思いました。

そして、選考に進む中で説明会で言っていたことの意味がわかりました。

選考は、私のことを学歴や資格などの持っている能力で判断しようとするのではなく、「守屋和佳奈」ひとりの人と向き合ってくれるものだったからです。

「なぜそう思ったの?」「どうしてその行動をしたの?」「それでどう感じたの?」選考ではたくさん深いところまで聞かれました。正直「そこまで聞くの?」と思うぐらいに。笑

本当に思っていたことや悩んでいたこと、苦しい気持ちもあったことなどは隠して、優秀そうな綺麗事しか言いませんでした。そうするべきだと思っていたからです。

私という人間はそもそもが「人に嫌われたくない」「八方美人」というタイプだった上に、専門学校の就職対策で教わってきたのは「この質問にはこう答える!」という風に、どれだけ自分をよく見せる回答をできるようになるかというテクニックやノウハウを身につけるものだったので、どんな質問をされても「こういうことをしたから仲間と一緒に向き合えたし、信頼できた。そして、自分の成長につながった。」とか、本当に思っていたことや悩んでいたこと、苦しい気持ちもあったことなどは隠して、優秀そうな綺麗事しか言いませんでした。そうするべきだと思っていたからです。

それまでの就職活動ではそれである程度通用していましたが、スキナで返ってきたのは「それはズルいね。」の一言でした。

最初は担当の方に言われたその言葉の意味が解からず「それは違う」と否定をしていました。自分のダメなところや弱さを見せてはいけないと必死に良い言葉に置き換えたり、良いように捉えようとしていましたが、それさえも全て見破られていました。その時「ここで取り繕っても意味がないな」と思いました。

「本当はどう思っているの?」

その質問に私は「本当は仲間とのやりとりに納得なんてできていないし、信頼関係なんて築けていない。」という今までなら絶対に言わなかった気持ちを正直に言っていました。私自身が今まで考えないようにしたり、見ないようにしてきたことを考えたり直視させられることもあり、自分のなかで答えがなかなか出ない事もありました。

それでも担当の方は私が自分で答えを出すまでずっと待っていてくれました。

そして、最初はハツラツと自分の良いところばかり話していたはずが、いつの間にか大泣きしながら自分の弱さやズルさも含めたすべてを素直に話せるようになっていました。

それにもまでいくつかの会社の選考を行ってきましたが、他の会社であれば、自分の課題を大泣きしながら話すなんてありえないと思います。でも、スキナではその私の弱さをもちろん褒めたりはしませんが敬意を払ってくれていたように思います。私のことをその他大勢の就活生のうちの一人としてではなく、正面から向き合ってくれたのは初めてで、これが本当に「人を見ている」ということなんだなと感じました。

私もこういう人たちと真剣に向き合いながら生きていきたい!一緒に仕事をしたい!頑張りたい!そう思える人たちがいたからこそスキナに入社を決めました。


― 入社してからの半年間で思い出に残っていることは?


絶望していたって意味は無い。最後まで諦めずにやり切らないと!

私がスキナに入社してからたくさんのことがありましたが、そのなかでも新入社員の同期たちでおこなったキャンペーンが思い出に残っています。

そのキャンペーンは、私たち新人が最初に持った仕事上の目標に対しての「達成率」の進捗をランキング形式で競うものでした。私はスタート当初は「達成率0%」で最下位でした。

その後は徐々にお客様からご成約いただいたり、指名来店をいただいたりと少しずつ達成に近づいていきましたが、キャンペーン終了まで1週間を切った時でもそのままではランキング上位どころか「目標達成」自体も危うい状況でした。

そんな時、私の上司は『最後の最後まであきらめなければ奇跡が起きるから。最後までやりきりなさい』と私に言いました。「絶望していたって意味は無い。最後まで諦めずにやり切らないと!」と私は、キャンペーン締め切り寸前まで粘りに粘って、とにかくできることをがむしゃらに行いました。

その結果、私は「達成率129%」で社内第3位になりました!周りも私自身もまさか最下位から3位になるとは思わず驚きました。

それと同時に最後まであきらめなければ奇跡は起きる!それを証明できたとも思います。

あきらめない大切さを上司から教わりました。これからも同僚や先輩はもちろんお客様にも最後まであきらめずに向き合っていきたいと思っています。


― スキナに入社してからの自分自身の変化は?


嫌われる怖さや自分が間違っているんじゃないかという不安があってもちゃんと伝えようと思えます。

入社してから、私は仲間との関わり方が変わったと思います。入社前の私は、八方美人で自分の意見や考えがあっても人に嫌われるリスクがあるなら言うことを避けてきました。ただ「いい人」でありたかったんです。我慢できないことや自分の譲れないことに関しては逆に言いすぎてしまうくらいではありましたが(笑)、それも仲のいい人にしかちゃんと言えませんでした。

しかしそんな自分を変えるために、ちゃんと人と向き合うために、今までならなんとなく流してしまっていたようなこともちゃんと話すようになりました。同期とも「仲よしこよし」な関係ではなく、間違っているなら間違っていると言います。「人と向き合う」ということを大切にしている仲間どうしだからこそできることでもあります。

そして自分が言った厳しい言葉に対しても「言ってくれてありがとう」そう言ってくれる人たちだからこそ、嫌われる怖さや自分が間違っているんじゃないかという不安があってもちゃんと伝えようと思えます。
とはいえ、まだまだ自分の考えが浅かったり客観的に見れていなかったり、伝え方が下手だったりもするので、これからも自分の成長のために頑張っていきます!


― これから一緒に働くかもしれない人たちに伝えたいことは?


スキナの「人」を見ていただけたら嬉しいです!

是非、人を見てみてください。「この人たちと働きたい」「この人たちとやっていきたい」そう思える会社を選んでほしいと思います。

人よりも、会社のブランドや事業、給料、勤務地などを考えて会社を選んでいる方もいるかと思います。それはそれで1つの考え方だと思いますが、それだけにとらわれるのではなく「人」を見て会社を選んでいただきたいです。

入社してから私は、この人たちと一緒に働けてよかった。と何度も思ってきました。だからこそ「この人たちと一緒に頑張りたい!」そう思う会社を選んでいただければと思います。学生のみなさん全員がうちの会社を選ぶとは思っていませんが、ぜひスキナの「人」を見ていただけたら嬉しいです!