エントリー

自分の想いに自分で応えていく為に
もっと新しいステージに挑戦したい。

INTERVIEW 私がスキナにいる理由

私の中で「スキナでこの人たちと一緒に働きたい。」
という気持ちが圧倒的に強くなってきて、
内定を頂いていた企業を辞退させていただきました。

私がスキナにいる理由を改めて考えた時、まずは私が20歳の頃にさかのぼることになります。当時の私は京都の専門学校に通っていましたので、同い年の大学生が大学2年生だった頃に就職活動をしていました。私はスキナに出会う前に和歌山県のブライダル企業に内定が決まっていましたが、どこか納得のいっていないところがあり就職活動を続けていた中でたまたまスキナに出会いました。

スキナの選考を進む中で私は、スキナの人たちの中にある「人に対する本気さ」を感じました。私以上に私のことを考えてくれて、就活生の中の一人の学生さんではなく、今井爽楽という人間、私の人生そのものを本気で見てくれていました。もともと内定をもらっていた会社はブライダル企業の中では楽で、条件も良いところでした。ですから、そこでそのまま働くのも悪くないし、それなりに良い人生は送れていたような気もしましたが、私の中では「スキナでこの人たちと一緒に働きたい。」という気持ちが圧倒的に強くなってきて、内定を頂いていた企業を辞退させていただきスキナから内定をいただきました。

自分の手の届く範囲のことだけでは、
1年経っても成長できていなかった。

入社してからのことを思い出すと、入社してからの2年ほどの私に対していくつかの後悔が残っています。学生の頃からそうでしたが、私は自分の価値観で受け入れられるものだけ、自分が興味の湧く方向だけ、今の自分にできそうなことだけを選んできたというところです。自分の手の届く範囲だけで頑張っていたところもありますので、それなりに楽しく仕事をしていましたが入社3年目に入った頃、自分の中でモヤモヤが出始めました。

入社する時に「まずは3年頑張ろう!」と考えていた私にとって、入社3年目というのは節目の年でした。3年やったら何が変わるだろうかと考えた時、入社1年目こそ成長を実感できていたものの2年目はほとんど成長できていないと感じました。その理由も何となく気づいていて「自分のやれる範囲でしかやってこなかったから」だと思いました。そんな時に同期の何人かがチーム責任者をやって「マネジメント」という私よりも高いレベルの仕事にチャレンジしていることに悔しさを感じるようになりました。

「まずは3年頑張ろう!」と意気込む私が
本当にやりたい事を見つけた3年目の終わり。

そして3年目の後半に転機がありました。3年目から私は本格的に採用プロジェクトに参加したのですが、ある内定者のメンター(教育担当)をさせていただくことになりました。そこで彼女が私の言葉を受けて何かを感じ取ったり学んだり、成長したり変わっていったりすることが「嬉しいな」と感じることができたんです。今まで後輩教育や指導などは他のメンバーや先輩たちに任せっきりだった私が感じたことの無い種類の大きな喜びに、自分が次に挑戦すべきは「チームマネジメント」だと確信しました。それがちょうど3年目の終わりでした。

「まずは3年頑張ろう!」と意気込んでいた私が迎えた4年目はまだ自分でも納得のいくものではなく、「チームマネジメント」という自分の目指す立場にはまだなれていなかったので、ことあるごとに社長に「私もチームの責任者をやりたいです」と直々に訴えかけていました。それからも時間はかかりましたが5年目の4月からついに私は京都のチーム責任者をさせていただくことになりました。本当にかわいくてしょうがない入社1年目のメンバーたちと一緒に今まさにチーム作りを頑張っているところです。

「大切な人たちを守りたい」と
「今度は私がスキナをつくる側に回りたい」

そんな風に今、私はチーム作りやメンバー教育にチャレンジしているわけですが、同じようなタイミングで自分自身も結婚するということがありました。長年お付き合いしてきた彼とこれからつくっていく家族のことや、日々成長していく自分のチームのメンバーたち、そしてそんな自分を育ててくれたスキナの先輩たちのことを想うと私は2つの想いが湧いてきました。

1つは「大切な人たちを守りたい」ということです。自分の家族をつくっていくと真剣に考えた時、彼にどんなことがあっても私が大切な人たちの人生を支えられる人間になっていたいと思うようになりました。チームのメンバーたちの将来の可能性を私が拡げてあげられるように頑張りたいと思うようになりました。
そしてもう1つは「今度は私がスキナをつくる側に回りたい」ということです。スキナというコミュニティへの愛情や、私に成長の場を与えてくれた先輩たちへの感謝の気持ちから、今度は私がスキナを育てたい、私が次のスキナを作っていきたいと思うようになりました。いまの私にとっての「スキナにいる理由」は、この2つの想いに自分自身で応えていく為にもっと新しいステージに挑戦して、将来を自ら切り開いていけるようになりたいからです。

MY PRINCIPLE 私の存在意義

私は、自分が贅沢で楽しい生活をする事だけで満たされるのではなく、大切な「家族」や「友人」「仲間」にもより充実した人生を送ってもらえてこそ、私自身も本当に満たされるのだと考えています。

例えば自分が年に何度も海外旅行に行って贅沢な生活をしたり、欲しいものは何でも買えたりしながら楽しく過ごすことも、もちろん嬉しいし良いなとは思いますけど、それだけで本当に自分の人生や心が満たされるとは思えなくて、それ以上に、自分にとっての大切な家族や友人や仲間も幸せであってくれることの方が、例えばそれによって、自分の旅行は年に一回になったり、欲しいものを我慢しなければならないことがあったとしても、そっちの方が自分の人生や心は満たされるような気がしています。

MESSAGE これから仲間になる、どこかのあなたへ

最も重要なのは「能力」や「経験」を取っ払った
「どんな自分でありたいか」という本音です。

私がスキナに決めたのは「職業」じゃなくて「人」でした。本音を言ってしまいますが、仕事ってもちろん楽しさも沢山ありますけど、大変なことの方が多いような気もしています。
私はもともとプランナーをやりたかったわけですけど、ブライダルプランナーという仕事に対する「憧れ」だけでは続かなかったと思っています。今の私があるのは一緒に働く仲間たちが私に対して「人としてどうありたいか」を常に問い続けてくれたからであり、その問いかけが私自身を新しいステージに導いてくれました。
どんな勉強をしてきたかとか、どの職種がおいしいのかとかではなく、自分の人生の10年先を見据えた時に自分にとって最も有意義な働き方ってどんなものだろうかと考えてほしいです。
自分の能力や経験で目指す人生や仕事を制限することなく、全ての制限や思い込みを取っ払って「どんな自分でありたいか」という本音に基づいて就職を考えてください。